液晶テレビへのご質問・お問合せ | 液晶テレビ通販

よくあるご質問・Q&A: 防水無線テレビ・浴室テレビ・お風呂テレビ

Q お風呂にテレビをつける必要性は?
A お風呂は、体を清潔にする、温める、疲れをとるなどで利用されますが、
  ゆっくりお風呂に入りながら、リビング気分でドラマ・ニュースなどが見られる
  新しい入浴スタイルが楽しめます。

  濡れても気にせず使える、防水仕様。
  高品質の映像・音声が届けられる地上デジタル放送に対応しており、
  リビングのテレビと同じように番組を見ることができます。

Q どんな方におすすめ?
A 親子でゆっくりお湯につかりながら、アニメやバラエティ番組を楽しみたい。
  テレビを見終わってから入るのではなく、入浴しながらテレビを見たい。
  お風呂でのんびり、1日の疲れをとりたい。
  半身浴のお供に。
  現在使用中のテレビと入れ替えたい。
  マンション・アパート・ホテルの経営されているオーナー様。

Q 防水用テレビとはどのようなものですか?
A 防水とは本体内部に水が入らない仕様で、シャワーが直接かかる浴室内で、
  手軽に楽しめます。防水レベルが高い程、水まわりで安心して使えますが、
  水の中では使えません。

  また、接続端子のコネクターカバーを外したり、接続端子にイヤホンや外部電源などが
  接続されている時には防水にはなりません。

Q 映像がとまったり圏外表示となることがある?
A XFERは周波数2.4GHZ帯のDS-SS(Direct Sequense Spread Spectrum;直接拡散方式)
  IEEE 802.11b準拠の無線伝送を行っています。そのため同一周波数帯で使用している
  機器があると影響をうけて、影響をうけると通信がしにくくなり、圏外表示となることがあります。

  電子レンジや無線LANなどの外部機器の影響がある場合は外部機器のご使用を中止するか、
  XFERの通信チャンネルの設定を変更してご使用ください。

Q チューナー1台でモニターを複数台使用できますか?
A 複数台の使用は出来ません。 チューナーとモニターは1セットのペアで
  無線伝送を行なっております。
  セット以外のモニタ-を追加しても使用することはできません。

  

Q 田舎でも風呂用テレビは映りますか?
A 関係ありません。近くにテレビ局のアンテナ(電波を送出する鉄塔)があるかどうかです。
  各都道府県のテレビ局のホームページなどでアンテナの位置を確認し、
  それが近くにあるなら綺麗に写る可能性は高いです。
  番組の終了テロップなどでもアンテナのチャネル数と地名が表示されますが、
  それがアンテナの位置です。

  10ch:○○(地名)
  23ch:△△(地名)
  38ch:◇◇(地名)
  ⇒こんな感じで記載されてます。

  もし車にカーナビがあるなら、自宅前でテレビを表示して綺麗に映るか確認してください。
  綺麗に映るようであればアンテナが近くにあるということです。
  もし自宅前でも綺麗に映らないようでしたら、携帯テレビの内蔵アンテナではまともに映りません。
  自宅のテレビアンテナのケーブルから引っ張ってくる必要がありそうです。

Q 浴室テレビを電話・FAX・メールで注文したい。
A 浴室テレビのご注文はHPのショッピングカートよりお願いいたします。
  流通コストを徹底的にカットし、事務を合理化し、激安価格にてお客様に還元しております。

Q 浴室テレビの大量発注、あるいは、プライベート・ブランドの浴室テレビ製作の相談にのってほしい。
A 内容を検討し、必要であれば担当の営業よりご連絡いたします。
  下の「お問合せ」メールフォームに ご要望をお書きいただき、ご送信ください。

Q 送料・代引手数料はいくらですか。
A ショッピングカートでご希望の注文数を入れられますと、そのつど詳細な金額が表示されます。
  なお、最後の「ご注文の確定」をクリックされるまで、発注はされません。

Q いつ届きますか?
A 平日午後3時までにご注文いただけましたら、
  代金引換の場合、即日出荷で、通常 翌日~最大中2日で到着しております。
  なお、銀行振込の場合 は、ご入金を確認してからの発送になります。

  また、出荷後、お荷物追跡番号をメールにてお送りします。
  これにより荷物の現在地を知り、到着日を予想することができます。

  土日、祝祭日は配送休になります。ご注意ください。

Q 領収書がほしい。
A 代金引換の場合には、宅配業者が添付されている領収書をお渡します。
  銀行振り込の場合には、銀行から発行される入金記録紙が領収書がわりになります。

  なお、どうしても社名入りの領収書が必要な場合には、
  ご注文の際にご要望欄にご記入ください。

Q 見積書を発行してほしい。
A 「お問合せ」のメールフォームに 必要なことを記入いただきご送信ください。
  公文書でも使われるPDFファイルの形で、メールにてお送りします。

Q 請求書がほしいのですが。
A 浴室テレビのご注文の際、ショッピングカートのご要望欄にご記入ください。
  公文書でも使われるPDFファイルの形で、メールにてお送りします。

Q 配達業者を指定したい。
A 配送業者は当社の方で指定しています。
  商品や配送地域により、最も適切な配送業者と契約しています。

Q 請求書による締払いは可能ですか?
A 請求書による締払いは、お受けしておりません。
  例外的に、官公庁や地方自治体とその関連組織、そして、特定の会社のみお受けしております。

Q 浴室テレビは返品できますか?
A 商品到着後7日以内にご返送ください。
  未開封の商品のみ返品可能です。送料はお客様負担でお願いいたします。
  詳細は、「特定商取引法に基づく表示」ページの「返品・不良品」の項目をご覧ください。

Q 支払方法・注文内容を変更・キャンセルしたい。
A 下の「お問合せ」メールフォームより、
  注文No・お名前・ご連絡先とご連絡事項を記入していただき、ご送信ください。

よくあるご質問・Q&A: 液晶テレビ

Q 地デジ液晶テレビの購入を考えています。
  ところで、古いテレビの引き取りは、宅配業者が持ち帰るのですか?
  それとも別のリサイクル業者に引き取ってもらうのですか?
  よくある質問だと思いますが、教えて下さい。

A 配送した宅配業者や弊社が、古いテレビを引き取るわけではありません。

  古いテレビは、市区町村の大型廃棄品回収時に、事前に連絡しておけば
  リサイクル券を用意して頂け、3000円ほどを支払えば回収してくれます.。
  (市区町村の窓口では、リサイクル券を発行しています。けれど、窓口まで行けないことがあります)

  また、リサイクル業者に連絡して3000円ほどを支払えば処理してくれますが、
  回収につきましては、持込を要求されることもありますから、確認が必要です。

Q 詳細な商品説明がほしい。
A 取扱説明書を先に見ることが出来ます。

  かなり以前より、販売店では少し突っ込んだ質問に、即答出来る店員は、ほとんどいなくなりました。
  専門店でさえ相談しても、満足のいく説明がないことが多々あります。

  これは長年の技術開発の速さや多様性のため、
  販売店の店員がついていけなくなったためです。

  さらに、インターネットの普及により、
  買手が売手より より多くの専門情報を持っ 逆転現象が起きています。

  このような時代には、店員のトークより 取扱説明書ほうがより正確な情報源です。
  当サイトでは製品情報に、ふつうでは、購入してからしか見られない、取扱説明書を添付しています。
  徹底的にご検討下さい。

Q 他社の液晶テレビ・薄型テレビに比べて消費電力が半分以下ですが、
  本当に正しい数値なのでしょうか?
  ホームページにも取扱説明書に、例えば、LTV3232XSで消費電力 38W
  待機電力 0.3W と記載されています。
  同じ型で、どのメーカーと比較しても、大型なのに、 消費電力が一番少ないです。
  何故、これだけの差があるのかと思っています。(2割・3割ではなく約50%)
  電気代を結構気にしていまして、消費電力が少ない製品を探しております。
  ご返答お待ちしております。

A 弊社の液晶テレビは、価格を抑え、見ることのみに特化しています。

  消費電力及び待機電力は、 経済産業省の 多段階評価基準に基づき測定、算出しました。
  具体的には『テレビジョン受信機のエネルギー消費効率の測定方法』に 基づきます。

  なお、数値についてはロットや製品個々のばらつきを考え 高めに設定しています。

  まず、消費電力の中で一番電力を必要とするのはバックライトです。
  LEDバックライトが今話題ですが、
  消費電力は従来の陰極管を使ったものと変わらないか、 むしろ大きくなります。

  そのためバックライト用の電源であるインバーターに工夫をしました。
  また、待機電力の低減のため、EPG等の待機中の取得をやめ
  メインSWの追加、出力信号の廃止等、数多くの取り組みをおこないました。

  もちろん、そのため立ち上がり時間はすこし遅くなります。

  そのため国内のメーカーに比べ倍速や出力等が機能的には劣ります。
  しかしこれは、 あえて弊社液晶テレビが価格を抑え、見ることのみに特化しているためです

  なお、測定は工場出荷状態で行っています。
  映像モードの『標準』が工場出荷時の状態です。
  このことについて、今のところ、お客様から暗いとのクレームはございません。

  しかし、店頭展示の際には、国内メーカーに比べ、
  少し暗いとの販売員からの指摘をいただいております。

  ところで、日本のテレビは、店頭で売るときに明るさを競う傾向にあります。
  そのためバックライトを上げ、色温度を上げてきれいに見えるように 調整しています。

  また、日本の家庭では室内が明るく、 リビングは南向きの明るい部屋が多いため、
  かなりバックライトを明るくしなければ、時間帯にもよりますが、
  きれいに見えません。そのため、必要以上に明くする傾向があります。

  結果、多機能化と明るさを競うため、 カタログ上の消費電力が増えることになります。
  さらに、実際の使用では上がることになります。
  そのことに気づかずにお客様は使われています。
  もちろん、昨今は自動的に明るさを感知して バックライトを自動調整しているものもあります。

  但し、機能が多ければ、多段階評価では省エネ度は楽になります。
  もちろん弊社のテレビもバックライトを上げれば消費電力は増加します。
  実使用で問題のない明るさでの測定ですので、このような結果となりました。

  結果的には、消費電力は使っている状態で測らないと意味がないことになります。
  基準でも「1日6.5時間テレビを見ている残りの17.5時間は待機電力」 と想定しての算出です。
  国内メーカーでも、かなり暗い部屋か暗室で 測定は実働試験をしています。

MENU

(C) Copyright SANWA CORPORATION ,LTD. All Rights Reserved.